フラット35審査
シュミレーション

フラット35を借りる前にシュミレーションを!

 金利が今、非常に低い時期ですので続々と住宅を購入されていく人がいます。 しかし、具体的な返済がわからないと。一体月々にどのぐらいの支払いになるのか、どのくらいの期間支払っていけば良いのかなど、まず知りたいですよね。 そんな時、フラット35で返済シュミレーションをすることが出来るので凄く頼もしいと思います。 自分がどんなプランで返済していくかも予想つきますから、助かりますよね!

 一々、店頭に行くまでするのには抵抗があります。 でも、そんな手間を省ける手段として、自宅のパソコンから簡単にフラット35シュミレーションをいつでもすることができるのです。 これならば、月々に返済する額をもとにし、諸費用の概算、生活費等の細かい計算まですることができますから、より具体的な返済プランを立てることが出来るかと思います。

 わざわざ、フラット35審査を取り扱っているところにまで行って、返済シュミレーションを調べてみたら、無理そうだった何てことがあっては、行った意味がありませんし、それなら取り扱っているところに行かずに自宅で返済シュミレーションをしてしまった方がどれだけ時間を短縮できるか。自分でうまく時間をつかっていけば、短時間で借り入れの審査をすることができるのですから、まずは自宅でフラット35シュミレーションを利用してみてはどうでしょうか? きっと返済プランもよりリアルに想像することが出来ると思います。

 そして、フラット35の場合はどうしても金利が固定するまでには時間が掛かってしまいますので、少し多めの支払いとなってしまっても 、きちんと支払えるぐらいの余裕をもたないとなりません。 フラット35審査落ちたとしても終わるまでに多くても1ヶ月ぐらいかかってしまうこともあるそうなので、そうなったとき、もしかしおたら金利の変動だって起こってしまったりしますので、そのへんは覚悟しておかなければなりませんからね。

 返済シュミレーションでそこらへんは具体的な数字を出してもらい、じっくりと生活していくうえで返済していくことが可能なのかを改めて考え直さないといけませんから。 いつでもどこでもインターネットに繋がる環境にいることが出来れば、すぐに返済に関してのシュミレーションが出来ますので、絶対に使ってみるべきでしょう。 金利なども細かい数字が出てきますし、実際にローンを組んだ際に掛かってくる金利や返済額などもほぼ一緒だそうですから、それをもとに考えることができそうですよね。 これも自分が住宅ローンを組むためのことですから、しっかりと数字を見定めることが必要になってくるかと思います。

 まずは気楽に自分の考えにそった返済額で完済までの年数などの数字を打ち込んでみてはどうでしょう? そのためのフラット35審査シュミレーションですから、自分の家のパソコンからやってみるのも費用は掛かりませんし、たったの数秒で結果が出ますから簡単だと思います。

 

フラット35のメリットとデメリットを解説

住宅を購入する際にフラット35の利用を考える場合があります。

多くの人はテレビで名称を聞いたことはあるくらいでどんなローンなのか、契約するための条件はあるのかといった詳しい内容は知らないのではないでしょうか。

ローンを利用するには、物件購入価格が1億円未満になっているか、床面積がマンションタイプだと30u以上と基準以上の大きさになっているかといった条件があります。

ローンの主な特徴としては、原則として物件価格の9割までしか借りられないことや全期間固定金利なことなどが挙げられます。

金利固定なので急に支払額が上がるといったことが起きないので将来を見据えた返済計画が立てやすく無理なく返済できそうですね。

住む家を買う際に利用する住宅ローンですが金利変動のリスクがイヤでフラット35で組んだ人もいると思います。

できるなら今よりも月々の支払額を低く抑えたいはずです。

実はフラット35から別のフラット35へのローン変更ができるんです。

その際、メリットが出てくるのは金利差が0.3%以上となっています。

また、このタイミングで変動型にすることもできます。

行うかどうかは各銀行のHPにあるシミュレーションを利用して月々の支払額がどう変わるかやその他費用も含めて総合的な面から考えて検討するようにしてください。

融資に際して、改めて審査を行う形になるので書類の準備にも気をつけてください。

ローンを借りる際に大切なことはなんでしょうか?ある人は、他のローンや公共料金の支払い滞納が起きていないかというクレジットヒストリーを挙げる人もいますが最も大切なのは借りた後にどうやって返していくかを考えておくことです。

特に、住宅ローンなどの高額ローンでは何年で返す計画にして毎月どのくらい支払うかを必ず確認してください。

自力で計算して確認するのもいいですが大変なので利用するローンのサイトにあるシミュレーションを利用しましょう。

その際に、変動金利型のローンは金利変動の影響で支払額が変わるのでフラット35などの別のローンを組んだ場合も確認してみてください。

住宅ローンをはじめとした長期間に渡る借入は、できるだけ早く完済したいという気持ちを持ってしまいます。

早く返す方法は繰り上げ返済を行うことです。

利用者の多い住宅ローンの1種類であるフラット35を例にすると銀行機関によっては100万円から可能な例が多いですが10万円から可能に設定されている銀行もあるようです。

その際、手数料が発生する場合としない場合があるのでローンを選ぶ際は金利以外の手数料なども見るようにしましょう。

ボーナス併用払いで返済している場合には、ボーナス月の請求がずれないように半年分の合計から可能なことが一般的なようです。

一般的なローンを見ると変動型の方が金利が低いことが多く変動型で借りた方がお得に見える一方で金利変動で逆に支払額が高くなるリスクもあります。

そのため、支払額が安定しないので返済計画も立てにくいです。

そういった方の場合は、支払額が変わらないフラット35などの固定型ローンを組むことをお勧めします。

その特徴としては完済までの期間ずっと支払額が一定のまま変わらないようになっています。

そのため、計画も立てやすいですよね。

その恩恵は受けられないことです。

全期間固定金利で選選択肢に入れる人の多いフラット35ですが、申し込む際に金利以外にもチェックしたい内容があります。

参考:フラット35金利一覧でおすすめは?金利比較【安い銀行ランキング】

それは事務取扱手数料や登記などでかかる諸費用です。

それ以外にも、繰り上げ返済手数料が手数料が必要なローンと不要なローンがあります。

事務手数料の相場は借り入れ金額の2%くらいが一般的なようです。

また、金利条件の見直しを兼ねて借り換えを行う際には、新たにローンを組む形になるので再度、事務手数料などの費用がかかります。

金利を下げて享受できる借り換えメリットとこれらの諸費用を比べて借り換えを行わない決断をする人もいます。

住宅ローン制度についてネットで調べているとフラット35と銀行の住宅ローンは何が違うの?という疑問を持っている人が多いようです。

フラット35とは住宅ローンの中の1つです。

民間の金融機関では、長期にわたっての高額融資は住宅ローン融資は資金の調達が難しいと言われています。

資金調達が難しく、リスクが大きいのでメリットとしては、勤続年数が短くても借入できる可能性があることや主な特徴としては、金利が全期間固定で繰り上げ返済は100万円から可能、デメリットとしては、基本的に物件価格の9割までの融資になることや繰上げ返済が100万円からと高額なことなどです。

念願の自宅を手に入れる際に利用する住宅ローンですが種類が多くどれを選んだら良いのか悩んでしまいます。

でも住宅ローンを利用する人は人生に1回ということが多く選び方がわかりません。

ここでは、ローン探しのポイントをまとめてみました。

まず、最初に行うのは金利を変動型にするか固定型にするかです。

目先の金利が低いけれど数ヶ月、数年後の支払い額が高くなる可能性のある変動型と金利が期間中変わらないので返済計画が立てやすい固定型を選ぶかです。

変動型を選ぶ場合は金利が変わるので見るポイントがわかりやすいですが全期間固定金利のフラット35では金利以外の部分を比べる必要があります。

ここ数年は、変動型から固定型へ利用者数が変わってきているようです。

住宅を購入する際の資金調達で強い味方になる住宅ローンですがローンなのでもちろん審査に落ちる場合もあります。

一般的にローンに落ちる可能性が高いのは過去に別のローンで滞納しているなど信用情報が悪い人や融資希望額に対して年収が少ないなどといった場合が挙げられます。

フラット35などほとんどのローンに共通することですが年間の返済額が年収の約3割までに収まっているかという部分も重要です。

例えば、今回の住宅ローンでの返済額が年収の3割以下だったとしても車のローンやリフォームローンなど他のローンが残っていて支払い額を合計すると超えてしまうといったこともあります。

住宅を購入する資金調達時に利用する住宅ローンですが多くの住宅ローンでは、購入する物件が決まってから事前審査を始めます。

場合によってはローンが組めないこともあります。

そういったことが起こらないように先にいくらまで借りられるのか知りたいところです。

例えば固定金利のフラット35取扱件数1位のアルヒが行っている「ARUHIの家検索」というサービスでは物件を決定する前に事前に年収や毎月の返済予定額などから借入可能額が確認できます。

他の銀行機関のHPにも借入シミュレーションはあるので「ARUHIの家検索」というサービスなど各金融機関のシミュレーションを利用しましょう。

予算が分かっていれば物件も探しやすくなるのではないでしょうか。

住宅の購入を考えたときに、多くの人が住宅ローンを利用するでしょう。

特に現在は、日銀による超低金利施策で低金利なので長期のローンを組むのに適しています。

ただ、住宅ローンといっても種類が何個もあります。

その中でも、「フラット35」という言葉を知っていますか?名称からは特徴がわかりにくいですが通常の銀行ローンと何が違うのか調べてみました。

メリットとしては、ずっと金利が変わらないので返済計画が立てやすいことや保証料や繰上げ返済手数料が0円ということがあります。

逆に、デメリットとしては、金利が変わらないので独自の審査基準があるので借入できないことがあります。

最近テレビなどで見かけることのあるアルヒの住宅ローンですが、どういった会社なのかローン商品なのかあまり知らない人も多いと思います。

会社としての特徴としては、住宅ローンの1種であるフラット35の取扱件数が1番多いそうです。

「ARUHI家の検索」というサービスも行っており、そこでは物件と直結しないような簡単な質問から、今の家賃と同じくらいの支払額で買えそうなオススメ物件を検索できます。

ローン商品の特徴としてはフラット35の利用者の22%が利用しているという点です。

購入予定物件が決まっていなくても事前審査ができます。

事前審査の場合では最短当日に答えが出ます。

なかなか利用することのない住宅ローンですが利用する機会がないからこそ契約の流れもわからないということも多いはずです。

フラット35を例にして契約の流れを説明します。

新築で建てる場合では、最初に借り入れの申し込み、設計審査をして物件が基準を満たしているか審査してもらいます。

その審査結果が1週間から2週間程度でわかります。

その後は工事を進めていき、途中、完成後に現場審査の申請を行う必要があります。

竣工現場審査に合格したら借り入れのご契約や資金の受け取りなどの手続きができません。

テレビコマーシャルなどでおなじみのフラット35ですが、中古住宅でも利用できるの?という質問を聞きます。

結論から言えば条件を達成していれば利用できます。

その条件の例としては、床面積の広さが一戸建ての場合は70u以上になっているかや購入価格が1億円以下の物件かなどの条件です。

中古ならではの条件もあり、申込日の時点で竣工日から2年以上過ぎている、すでに人が住んでいたことがあるかという条件です。

もし新築で建てた住宅に対してのローン借り換えを行う場合は中古住宅扱いになるのでこれらの条件を満たしている必要があります。

そのため中古物件を購入する際も条件を満たしていたらご活用ください。

長期間固定金利ということで利用を考える人の多い住宅ローンの一つ、フラット35ですがどういったローンなのか宣伝広告などを見てもいまいちわかりません。

主なメリットとしては全期間金利が変わらないので返済計画を立てやすいことや保証料が発生しないこと、物件の住宅性能を重視した審査が行われること、繰上げ返済手数料が0円なことが挙げられます。

デメリットとしては原則、物件価格の9割までの融資になることや金利変動で低くなっても毎月の支払う金額は変わらないこと、繰上げ返済可能額が100万円から可能と銀行独自のローンに比べ高額なことが挙げられます。

他にもメリット・デメリットは存在するので利用する際は確認してからにしましょう。